メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る 一貫性欠く外交方針 南アフリカ安全保障研究所上級研究員 フォンテ・アクム氏

 トランプ政権の外交方針は一貫性に欠けている印象だ。全体の戦略が描けておらず、個々の政策が相互補完する形になっていない。

 この1年の対アフリカ政策で言えば、軍事的な関与を強めたのが目立った。イスラム過激派を標的にした(サハラ砂漠南縁部)サヘル地域での対策や、カメルーンでのボコ・ハラム掃討支援、ソマリアでのアルシャバブ空爆などだ。

 一方で歴代の米大統領、特に民主党政権が重視してきた人権問題の優先度は低く、トランプ大統領はこの問題…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文586文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]