メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の4

歩成をうっかり

 「[先]6三歩(図)と垂らしたところは少しよさそうだと思ったのですが……」と感想戦で久保は言う。この局面での考慮中に、稲葉も残り時間が1時間を切った。稲葉の指した手は久保が「見えていませんでした」と言う[後]6九角。以下[先]6二歩成[後]8七角成[先]7五飛[後]8六馬[先]1五飛[後]1四歩[先]7二と[後]1五歩[先]6二と[後]7七馬[先]5二との攻め合いも考えたという久保だが、「少し形勢がいいと思っていたのでやりづらかった」とのこと。本譜は[先]7九桂と投入し角成を受けた。

 局後に稲葉が悔やんだのが途中図の局面。この[先]7三歩成を「うっかりしていました」という稲葉。[後…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文727文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]