メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦七番勝負

第2局 解説・北浜健介八段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦する第67期王将戦七番勝負第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、佐賀県上峰町共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は1月27、28日、同町の「大幸園」で行われ、久保が豊島玉を寄せ切って1勝1敗とした。2期連続4期目の獲得へタイに追いついた。四間飛車対居飛車穴熊の対抗型になり、優れた構想で居飛車穴熊を攻略した久保の好局を北浜健介八段の解説で振り返る。【山村英樹】

 7年ぶりの対決となった両者の七番勝負。第1局は、豊島が快勝して初タイトルへ向けリードを奪った。一気…

この記事は有料記事です。

残り3748文字(全文4006文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです