メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

SDGs エコラベルで水産資源保護 商品選びの指標に国際認証制度

SDGs(エスディージーズ)

 国連の持続可能な開発目標(SDGs)では、目標14(海の豊かさを守ろう)や15(陸の豊かさも守ろう)など、人類が地球上の生物資源をどう使うかの方策を求めている。解決策の一つとして、消費者が持続可能な商品を自ら選ぶ指標「エコラベル」が広がりつつある。

 ●サバみそ煮にも

 全国の生協向けに食料品や日用雑貨などのプライベートブランド商品を供給する日本生活協同組合連合会は2007年以降、持続可能性に配慮した漁業を認証する国際機関「海洋管理協議会」(MSC)のエコラベルを貼った魚介類の商品化を推し進めている。既に47種類の商品を供給し、日本生協連が取り扱う天然水産物の約10%を占める。

 昨年6月には人気商品の一つ、ノルウェー産サバのみそ煮(3切れ税抜き398円)をエコラベル付きに切り…

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文2047文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]