メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒鷲旗バレー

カテゴリー別出場枠決定 男女各16チーム

 4月30日に開幕する第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会主催)の選考委員会が6日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、男女各16チームのカテゴリー別出場枠が決まった。男子はVプレミアリーグ8、Vチャンレンジリーグ3、大学4、高校1。女子はVプレミアリーグ8、Vチャレンジリーグ3、大学3、高校2。

     Vプレミアは男女とも全チーム、Vチャレンジは今季リーグ戦の上位3チームを選出。大学は昨年12月の全日本選手権の結果に基づき、男子は早大、筑波大、中大と関西枠の近大、女子は青学大、筑波大、嘉悦大を選んだ。高校男子は、全国高校総体と全日本選手権優勝の鎮西(熊本)、女子は総体覇者の東九州龍谷(大分)、さらに選手権を制した金蘭会(大阪)を関西枠で選出した。

     組み合わせ抽選会は4月7日で、大会は30日から6日間、大阪市中央体育館で開かれる。【丹下友紀子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
    2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
    3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
    4. 東京都中野区 中野サンプラザの解体計画、地元「政権交代」でどうなる? 貴重な規模のホール
    5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです