メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

マセソン美季(日本財団パラリンピックサポートセンター)

国際パラリンピック委員会(IPC)公認教材「I’mPOSSIBLE(アイム・ポッシブル)」の発表をするマセソン美季さん=東京都港区で2017年2月21日

◇教材「I’mPOSSIBLE」で理解促進

 常用する車いすから見上げたカウンターの先で航空会社の地上職員が放った言葉に、マセソン美季(44)=旧姓・松江=は耳を疑った。「機内で車いすをご利用されると伺っておりませんので、車いすを預けた後は、お座席まで歩いてご移動いただくことになります。よろしいですか」

 パラスポーツを支援する日本財団パラリンピックサポートセンター(東京・赤坂、パラサポ)スタッフとして…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1270文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです