メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

種牡馬ブラック、堂々お披露目(スポニチ)

 2018年社台スタリオンステーションの種牡馬展示会(計29頭)が6日、北海道安平町の同所で行われた。注目は今年から種牡馬入りしたキタサンブラック(牡6)。北島三郎オーナー(81)や武豊(48)ら関係者約700人が見守る中、現役時より30キロ増えた雄大な体を誇示。初年度種付け料は500万円と“ルーキー”としては高額だが、既に130頭近い花嫁も決まり、一両日に満口の勢い。1月下旬に試験種付けも完了し、10日からの本格的な種付けに向けて万全の態勢が整っている。

     「風雪ながれ旅」のごとく舞っていた雪は北島三郎オーナーの登場と同時にやんだ。生産関係者700人が熱視線を送る中、キタサンブラックがトップバッターで登場すると、一斉にシャッター音が鳴り響いた。ほれぼれする威圧感だ。

     先月7日の京都での引退式以来、再会した北島オーナーは優しく目を細めた。 「ひと月ぶりに合いましたが、変わりなく元気で安心しました。冬の格好をしているのかな?と思ったらピカピカ。世話をしていただいているスタリオン関係者のおかげです。末永く面倒を見てやってください」

     16年秋に頸椎(けいつい)を手術したオーナーは3年間の激動の競走生活に思いを巡らせていた。

     「私が体調を崩している間も、ブラックが頑張ってくれて…。神様が与えてくれた馬。私の宝物です」

     先月12日のスタッドイン以来、わずか1カ月で現役時よりも30キロ増えて570キロ。雄大な体はさらにたくましくなり、胸を張って周回した。同スタリオン事務局の徳武英介氏は「こわもての先輩馬もたくさんいるのに(先月12日の)到着直後からまるで動じない。自分の格が上と思っている。今日も、これだけ人がいて堂々としているでしょう?」と感心しきりだ。

     種牡馬の準備も着々と進んでいる。10日からの本格的な種付けに向け、先月下旬に試験種付けは完了。初年度種付け料は500万円と安くはないが、ジェンティルドンナの母ドナブリーニなど約130頭の花嫁が決定。来場した武豊は「格好良くて顔もハンサム。体は大きいけれど、軽さがある。これだけの馬はそういない。お父さんのブラックタイドにも乗っていたが、SS(祖父サンデーサイレンス)の典型です」と種牡馬としての資質をアピール。初年度は150~160頭を予定。徳武氏は「今日(6日)にも満口になりそう。1年目から結果を出したい」と熱い期待を寄せる。

     北島オーナーは笑って目を輝かせ、頭を下げた。

     「街を歩くと、ブラックの馬主と…。私よりキタサンブラックの方が有名になって。いいおとっつぁんにしてやってください!!」

     SS系種牡馬が飽和状態の生産界。ブラックの“第二の道”は平たんでないが、G17勝を築き上げた強じんな肉体に集まる期待は大きい。順調なら来年1月にも初産駒が誕生。3年後の21年夏にもデビューを果たす。子供たちとの「まつり」が今から待ち遠しい。

     ◆キタサンブラック 父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)牡6歳 栗東・清水久厩舎所属 馬主・大野商事 生産者・北海道日高町ヤナガワ牧場 戦績20戦12勝(G1は15年菊花賞、16年天皇賞・春、ジャパンC、17年大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋、有馬記念の7勝)総獲得賞金18億7684万3000円。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    4. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]