メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

サッカー お帰り「2」ウッチー 「鹿島は勝ってなんぼ」 8季ぶり古巣、内田

水戸とのプレシーズンマッチでボールを追う鹿島の内田=水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で2018年2月3日、大島祥平撮影

 サッカーJ1の鹿島に背番号「2」が帰ってきた。ドイツ2部ウニオン・ベルリンから8季ぶりに古巣へ復帰した29歳のDF内田篤人。3日のプレシーズンマッチで新ユニホームに身を包み「応援してもらえるのはサッカー選手としてうれしいこと。喜びを分かち合えるように」と心境を語った。【大島祥平】

 3日に水戸市で開かれたJ2水戸との恒例のプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2018」。右サイドバックで先発すると、今季の練習試合を含め最長となる後半36分までピッチに立った。

 仕掛けるよりもパスを落ち着いてさばくことが多く、出力はまだ最大値までは上げていない印象だが、ここぞ…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文693文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]