メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

テレビの表現、どこまで許される? その笑い、差別かも

アベ首相を演じる福本ヒデさん(右)とスガ官房長官を演じる山本天心さん。社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が演じるコントは、外見を似せることから始まる=大阪市北区で菅知美撮影

 バラエティー番組での一コマが、差別的な表現や暴力行為ではないかと批判の的となっている。一方で「お笑い」なんだからそんなに目くじらを立てることはないという擁護の声もある。表現の自由として、笑いがどこまで許されるのかを考えてみた。【小松やしほ】

 「バラエティーはクレームとどう折り合いをつけるかの繰り返し。例えば熱い湯に人を落とすことがいじめを助長するから駄目と言われたら、激辛味のまんじゅうを選ばせるのはいいのかという話も出てくる。あれもこれも駄目となったら、できることがどんどん少なくなっていく」と、あるテレビ関係者はやきもきする。

 念頭にあったのは、最近のバラエティー番組を巡る騒動だ。日本テレビ系で昨年12月31日に放送された「…

この記事は有料記事です。

残り2578文字(全文2895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです