メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

ローザンヌ・バレエ「入賞なし」 日本の落日ではない

ローザンヌ・コンクール本選の演技を終えた森脇崇行さん(右)と大木愛菜さん=共同

 3日に発表された第46回スイス・ローザンヌ国際バレエコンクールの結果は、「13年ぶりに日本勢の入賞ならず」。さらに2~5位を韓国・中国が占めたため「アジア筆頭国からの転落」と受け止めた人も多い。しかし大会の趣旨に照らせば、むしろ日本バレエ界の成熟の証しといえるだろう。

 大会の目的は有為の少年少女に「学ぶ機会」を与えること。入賞者は世界の名門での研修権を得る。国立バレエ学校をもたない日本から、古くは堀内元(1980年)や吉田都(83年)が米英の有力校へ。初…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]