メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦順位戦 井上慶太九段-大石直嗣七段 第3譜

急所に打つ

 [先]3六飛が好手である。[後]3三歩[先]7六飛と進み、大石が少し忙しい局面になった。

 [後]8五桂から[後]7七歩が勝負手。[後]8九飛と打ち込んで、勝負の行方はわからない。

 [先]6六歩も、[後]6三香の筋を消して冷静である。大石は[後]6七香[先]6八桂[後]5五角と、またしても勝負手を放った。井上のと金攻めが速いので、急がされている。

 [先]7二とで、井上が駒得である。しかし、大石も[後]8七角と急所に打つ。井上は粘り強く[先]7九…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです