メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

増える「慢性閉塞性肺疾患」 「日常で息切れ」要注意

健康な人の肺(左)と重症のCOPD患者の肺。白っぽい部分が病変部で、空気が流れにくくなっている=CT画像を加工。木田厚瑞氏提供、共同

 治療が遅れると寝たきりにつながる危険があり、患者も増えているのに、日本人の4人中3人が「知らない」と答える病気がある。慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)。肺の働きが低下し体に酸素が十分行きわたらなくなるため、動くと息切れするのが最も重要な症状。早期治療で進行を抑えられるが、「息切れは年のせい」との思い込みから受診は遅れがちだ。専門医は「昨年まで普通にできていた動作にしんどさを感じたら、肺機能の検査を」と呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1426文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです