メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

増える「慢性閉塞性肺疾患」 初期症状なし、40代以上は要注意

 COPDは初期症状がほとんどないため、病気に気付きづらい。そのため、発見が遅れて進行してしまうケースも少なくない。特に、40代以上の喫煙者や、喫煙歴がある人は注意が必要だ。

 順天堂大の福地名誉教授によると、COPDの代表的な症状は「息切れ」。だが、突発的な呼吸困難に襲われるなど、激しい症状ではないため、兆候を見逃してしまう人が多い。また、空気を吐き出して肺機能を調べるスパイロメーターで検査すれば診断…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]