メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

増える「慢性閉塞性肺疾患」 初期症状なし、40代以上は要注意

 COPDは初期症状がほとんどないため、病気に気付きづらい。そのため、発見が遅れて進行してしまうケースも少なくない。特に、40代以上の喫煙者や、喫煙歴がある人は注意が必要だ。

 順天堂大の福地名誉教授によると、COPDの代表的な症状は「息切れ」。だが、突発的な呼吸困難に襲われるなど、激しい症状ではないため、兆候を見逃してしまう人が多い。また、空気を吐き出して肺機能を調べるスパイロメーターで検査すれば診断…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです