メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

「作詞AI」=近藤勝重

 人工知能(AI)が作った詩がテレビで紹介されていた。大量の言葉からテーマに即して選んだ単語の羅列という印象ながら、一語一語をうまくつないで流れをつくれば、いっぷう変わったメルヘンチックな詩になりそうにも思えた。

 その番組を見つつ、ぼくは一人の作詞家を思い浮かべていた。阿久悠氏だ。演歌からJポップ風のものまでジャンルにさしてとらわれることもなく、生涯に約5000曲の歌詞を書き、シングルの累計売り上げは6800万枚にのぼるそうだ。

 その作詞法は著書「作詞入門 阿久式ヒット・ソングの技法」でいろいろ明らかにされている。乱読とか、1…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文900文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]