メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西見てある棋

共に磨いた才 百段の重なり

囲碁の総段数が百段を突破した永究会のメンバーと関係者=大阪市北区で、新土居仁昌撮影

 大阪市西区にある関西棋院の囲碁研修寮「永究会」(永究塾)を巣立った棋士の総段数が百段を突破し、祝いの宴が1月27日、大阪市内であった。総勢31人のうち21人が出席し、さらなる活躍を誓っていた。

 寮は、地方在住の有望な子どもたちを受け入れようと、関西棋院の永井一夫副理事長(87)がマンションの一部を購入して提供。1990年3月、森野節男九段を塾長に、福岡県の小学校を卒業して来阪し…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]