メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南部せんべい早朝喫茶

地元に愛され27年、手焼き「てんぽ」で談笑を 八戸・上舘さん、今年も /青森

手焼きで「てんぽせんべい」を作る上舘一雄さん

 夜も明けきらぬ早朝、明かりが漏れる店舗から談笑する声が聞こえてくる。八戸市中心街から少し離れた類家縄手下で、今年も南部せんべいの早朝喫茶が営業を再開した。1月を除いて、休みなしに朝5時から8時まで店を開くのは、近所でせんべい店を経営する上舘一雄さん(70)だ。【塚本弘毅】

 上舘さんが作るのは「てんぽせんべい」。外側がぱりっとして中はもちもちとして柔らかい。昔ながらの一枚一枚を手で焼く、鉄製の「手焼き型」のなせる業だ。現在は、ほとんど手がける人はいないという。

 焼きたてのてんぽせんべい(50円)とコーヒー(200円)、そしてなじみ同士の談笑を求めて、開店前か…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文636文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]