メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール

男子W杯 レイクス・並里選手、再び日本代表候補に /滋賀

相手のすきを見逃さない視野の広さとスピードに定評があるレイクスの並里成選手=大津市のウカルちゃんアリーナで、森野俊撮影

 バスケットボールのワールドカップ(W杯)アジア地区1次予選を戦う男子日本代表候補となる予備登録選手24人に、Bリーグ滋賀レイクスターズ(レイクス)の並里成(なみざとなりと)選手(28)が入った。強化合宿を経て最終エントリーの12人に絞り込まれる。並里選手は「オリンピック出場に向けて欠かせない選手の1人になりたい」と2020年の東京五輪を見据えている。

 並里選手の代表候補入りは16年に続き2回目だが、代表戦の出場経験はない。沖縄出身で福岡第一高時代か…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文487文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]