メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール

男子W杯 レイクス・並里選手、再び日本代表候補に /滋賀

相手のすきを見逃さない視野の広さとスピードに定評があるレイクスの並里成選手=大津市のウカルちゃんアリーナで、森野俊撮影

 バスケットボールのワールドカップ(W杯)アジア地区1次予選を戦う男子日本代表候補となる予備登録選手24人に、Bリーグ滋賀レイクスターズ(レイクス)の並里成(なみざとなりと)選手(28)が入った。強化合宿を経て最終エントリーの12人に絞り込まれる。並里選手は「オリンピック出場に向けて欠かせない選手の1人になりたい」と2020年の東京五輪を見据えている。

 並里選手の代表候補入りは16年に続き2回目だが、代表戦の出場経験はない。沖縄出身で福岡第一高時代か…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです