メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
バスケットボール

男子W杯 レイクス・並里選手、再び日本代表候補に /滋賀

相手のすきを見逃さない視野の広さとスピードに定評があるレイクスの並里成選手=大津市のウカルちゃんアリーナで、森野俊撮影

 バスケットボールのワールドカップ(W杯)アジア地区1次予選を戦う男子日本代表候補となる予備登録選手24人に、Bリーグ滋賀レイクスターズ(レイクス)の並里成(なみざとなりと)選手(28)が入った。強化合宿を経て最終エントリーの12人に絞り込まれる。並里選手は「オリンピック出場に向けて欠かせない選手の1人になりたい」と2020年の東京五輪を見据えている。

 並里選手の代表候補入りは16年に続き2回目だが、代表戦の出場経験はない。沖縄出身で福岡第一高時代か…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです