メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県人口

18年連続減少 昨年4563人減、96万6917人 /香川

 県内で昨年生まれた赤ちゃんが7447人と1954年以降で最少を更新した。亡くなった人は1万1934人で最多となった。転出入と合わせた全体の県人口は計4563人減り、18年連続で減少した。減少幅は前年より250人増え、統計上は約200年後には県自体が消滅しかねないペース。今年1月1日現在の県推計人口は96万6917人で、県は出生率の上昇や転入増で減少数を抑えたい考えだ。【植松晃一】

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです