メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

凍結受精卵の無断移植訴訟 厳格な同意確認へ法整備を=原田啓之(大阪社会部)

奈良家裁の判決後に記者会見する原告男性の代理人弁護士=奈良市で2017年12月15日、小関勉撮影

 体外受精で作製して凍結保存していた受精卵の移植を別居中の妻が無断で受けたとして、生まれた女児(2)との間に父子関係がないことの確認を夫だった男性(46)が求めた訴訟で、奈良家裁は昨年12月、訴えを却下する一方、「受精卵の移植時には夫の同意が必要」とする基準を初めて示した。体外受精の件数が急増する中、生殖補助医療の現場で同意確認が不十分な実態が明らかになった。私自身も体外受精で子どもを授かった一人として、法整備が急務だと実感している。

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2018文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]