メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

各国あるある 風変わり大臣 英国/サウジ/アフガン/インド/ブラジル/日本/ザンビア

一人暮らしのお年寄りらを対象にボランティアをしているリアム・オヘアさん

 英国が「孤独担当相」(Minister for Loneliness)という大臣ポストを新設--。1月に報じられたこのニュースは、「孤独」が一般的な大臣の業務対象イメージとは大きく異なるため、世界的に驚きをもって受け止められた。だが、世界には「風変わりな大臣」が結構いる。そんな大臣を紹介し、各国のお国事情を探った。

この記事は有料記事です。

残り3566文字(全文3725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  3. 富田林逃走 左のふくらはぎ入れ墨の絵柄を公表 大阪府警
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです