メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

政権軍空爆、3日間で130人犠牲 反体制派支配地区

 【カイロ共同】内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊で7日、アサド政権軍は反体制派が支配する東グータ地区への空爆を継続し、シリア人権観測所(英国)によると、新たに子どもを含む市民ら23人が死亡した。5日からの3日間で死者数は計130人を突破し、最近では異例の大規模空爆となった。

 北西部イドリブ県で3日、政権軍を支援す…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文253文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです