メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の5

久保優勢だが…

 互いの桂が一間トビに並ぶ珍しい格好となっている。駒割りは角銀と飛の交換で先手の駒得が大きく久保優勢だ。

 図から久保は桂取りと同時に後手玉周辺をにらむ6六に角を打ったが、以下本譜の[後]6九飛[先]5七角打は、6九飛の位置取りが強く、先手が損だったという。

 「図では先に[先]5七角と打つべきでした」と久保は言う。[後]6九飛は[先]5八銀[後]5九飛成[先]4九金で竜を詰まされてしまうので、[先]5七角には[後]7八飛と打つことになるが、それから[先]6六角打とすれば後手の飛車の働きが弱かった。「後手の逆転は困難だったと…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです