メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の5

久保優勢だが…

 互いの桂が一間トビに並ぶ珍しい格好となっている。駒割りは角銀と飛の交換で先手の駒得が大きく久保優勢だ。

 図から久保は桂取りと同時に後手玉周辺をにらむ6六に角を打ったが、以下本譜の[後]6九飛[先]5七角打は、6九飛の位置取りが強く、先手が損だったという。

 「図では先に[先]5七角と打つべきでした」と久保は言う。[後]6九飛は[先]5八銀[後]5九飛成[先]4九金で竜を詰まされてしまうので、[先]5七角には[後]7八飛と打つことになるが、それから[先]6六角打とすれば後手の飛車の働きが弱かった。「後手の逆転は困難だったと…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]