メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の5

久保優勢だが…

 互いの桂が一間トビに並ぶ珍しい格好となっている。駒割りは角銀と飛の交換で先手の駒得が大きく久保優勢だ。

 図から久保は桂取りと同時に後手玉周辺をにらむ6六に角を打ったが、以下本譜の[後]6九飛[先]5七角打は、6九飛の位置取りが強く、先手が損だったという。

 「図では先に[先]5七角と打つべきでした」と久保は言う。[後]6九飛は[先]5八銀[後]5九飛成[先]4九金で竜を詰まされてしまうので、[先]5七角には[後]7八飛と打つことになるが、それから[先]6六角打とすれば後手の飛車の働きが弱かった。「後手の逆転は困難だったと…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです