メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビジネスサロン

住友商事・兵頭誠之次期社長

技術の進歩を味方に

 「新技術がビジネスや生活を大きく変える『産業革命』にさしかかっている」。4月の社長就任が内定した住友商事の兵頭誠之専務執行役員(58)は、情報技術(IT)や人工知能(AI)などの急速な発展で商社の経営環境が激変することに警戒感を強めている。

 配車アプリ大手の米ウーバーの台頭を例に挙げ、ITの先端技術は「分散する不特…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです