メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モデルチェンジ!

100年目のパナソニック/下 「量より質」転換図る

ダイニングテーブルにIH調理器や食器洗い乾燥機を据え付けたパナソニックの「いろりダイニング」=大阪市北区のパナソニックセンター大阪で、久野洋撮影

 パナソニックにとって創業以来の中核だった国内の家電事業。その「売り方」が今、変わり始めている。東京・有明と大阪・梅田にあるショールーム「パナソニックセンター」では、2016年から17年にかけて単品の展示品を大幅に減らした。大阪では台所や寝室などのモデルルームを設け、エアコンや照明など住空間で使う製品をセットで提案する。

 セット提案を象徴する製品が昨年12月に発売された。会話しながら料理や食事を楽しめる「いろりダイニン…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文954文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]