メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

断層活動なくても地形変位か 熊本地震の現地調査で判明

熊本地震後に同県大津町のゴルフ場でみつかった地表のずれ。直下に大きな地震がなくても現れた=国土地理院提供

 <ピックアップ>

 活断層が繰り返し動くことによって生じる「断層変位地形」が、大きな地震活動がなくても形成される可能性があることが、国土地理院などの研究チームの調査で明らかになった。一昨年4月の熊本地震後の現地調査で判明したという。

 政府の地震調査委員会などは、活断層の活動履歴などを基に地震の発生確率を算出している。国土地理院の宇根寛・地理地殻活動研究センター長は「活断層の評価方法を見直す必要があるかもしれない」と述べており、今後の地震予測手法に影響が出る可能性がある。

 断層変位地形は、活断層の動きによって生じる河川の曲がりや、地面の隆起やたわみなどで、こうした地形は…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文626文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]