メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

断層活動なくても地形変位か 熊本地震の現地調査で判明

熊本地震後に同県大津町のゴルフ場でみつかった地表のずれ。直下に大きな地震がなくても現れた=国土地理院提供

 <ピックアップ>

 活断層が繰り返し動くことによって生じる「断層変位地形」が、大きな地震活動がなくても形成される可能性があることが、国土地理院などの研究チームの調査で明らかになった。一昨年4月の熊本地震後の現地調査で判明したという。

 政府の地震調査委員会などは、活断層の活動履歴などを基に地震の発生確率を算出している。国土地理院の宇根寛・地理地殻活動研究センター長は「活断層の評価方法を見直す必要があるかもしれない」と述べており、今後の地震予測手法に影響が出る可能性がある。

 断層変位地形は、活断層の動きによって生じる河川の曲がりや、地面の隆起やたわみなどで、こうした地形は…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです