メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差、最高裁「合憲」判断 17年衆院選
PICKUP

断層活動なくても地形変位か 熊本地震の現地調査で判明

熊本地震後に同県大津町のゴルフ場でみつかった地表のずれ。直下に大きな地震がなくても現れた=国土地理院提供

 <ピックアップ>

 活断層が繰り返し動くことによって生じる「断層変位地形」が、大きな地震活動がなくても形成される可能性があることが、国土地理院などの研究チームの調査で明らかになった。一昨年4月の熊本地震後の現地調査で判明したという。

 政府の地震調査委員会などは、活断層の活動履歴などを基に地震の発生確率を算出している。国土地理院の宇根寛・地理地殻活動研究センター長は「活断層の評価方法を見直す必要があるかもしれない」と述べており、今後の地震予測手法に影響が出る可能性がある。

 断層変位地形は、活断層の動きによって生じる河川の曲がりや、地面の隆起やたわみなどで、こうした地形は…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです