メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

月内に改憲条文案 自衛隊明記「意見集約に必要」

自民党憲法改正推進本部の全体会合であいさつする細田博之本部長(中央)=東京都千代田区の自民党本部で2018年2月7日午後4時33分、根岸基弘撮影

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は、安倍晋三首相が提起した9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)を維持して自衛隊の存在を明記する改憲に向け、月内にも条文案を作る方針を固めた。石破茂元幹事長らが2012年の党憲法改正草案に沿って第2項の削除を主張する中、条文案がなければ意見集約は難しいと判断した。推進本部は3月25日の党大会前の決着を目指す。

 首相は6日の衆院予算委員会で「命を賭して任務を遂行する者の正当性を明文化することは改憲の理由になる…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです