メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/78 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(34)

 夕日が沈み暗くなった空き地で、ミヤとテツの全力の大相撲だった。組みあって力の限り押しあっているだけなのに、これほど見ていて力が入るのはなぜだろうか。

「残った、残った」

 タケシは考えた。平安時代の相撲(すまいの)節会(せちえ)から始まり、千年以上も相撲を応援してきた日本人の血が自分にも流れているのだ。ミヤが腰を落とし、頭をテツの胸に当て、ひたすら押し続けている。テツの身体(からだ)は二回りもおおきかったが、斜めに腰にくらいつかれて、足腰が伸び切ってしまっていた。この形ではいくら腕力があっても、存分に力がふるえないのだ。

 テツのズック靴のかかとが、ミヤに押されて下がっていった。つま先でかいた歪(ゆが)んだ土俵の線に迫っ…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文907文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]