メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の6

苦難が襲い掛かる

 銀を出られて角取りになっている図の局面。久保は[先]6二角成と馬にしたが「角を成ってもしょうがなかった」と局後にこの手を悔やんだ。図では[先]4六角と引く方がよかった。[後]4六桂という痛打が無かったからである。久保は[先]4六角に[後]5五歩が気になったというが[先]5四桂[後]4三金直[先]5五角右[後]7四桂[先]4四歩なら難解だった。

 [後]4六桂に対し[先]4七銀なら[後]6七とと迫り、「後手がはっきり優勢になっているかは微妙なと…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです