メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠隔診療

行政指導対象に 成り済まし防止 厚労省検討

 厚生労働省は、テレビ電話を使った遠隔診療で、医師の成り済ましや患者の個人情報流出が発生した場合、医師やサービス提供企業を行政指導の対象とする方向で検討に入った。有識者検討会で診療を行う条件とともに議論を進め、3月末までに初のガイドラインをまとめる方針。

 厚労省によると、在宅療養支援のために遠隔診療を取り入れている医療施設は2014年時点で約560施設あり、延べ約1万6000人の患者が利用している。同…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです