メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

地方議会変わるの? 議員のなり手不足が課題 兼職禁止緩和も検討=回答・和田浩幸

野田聖子総務相(右)に提言書を手渡す和田知士・大川村長(中央)=2017年12月

 なるほドリ 地方議会(ちほうぎかい)のあり方が変わるかもって聞いたよ。

 記者 地方議会は規模(きぼ)を問わず全国一律(ぜんこくいちりつ)の制度で運営されていますが、小さな自治体(じちたい)では議員のなり手不足が悩みの種です。そこで総務省(そうむしょう)の「町村議会のあり方に関する研究会」が今年3月に対策を公表する予定です。従来の制度に加え、新たに2パターンの議会を作ることを提案しようとしています。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです