メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

地方議会変わるの? 議員のなり手不足が課題 兼職禁止緩和も検討=回答・和田浩幸

野田聖子総務相(右)に提言書を手渡す和田知士・大川村長(中央)=2017年12月

 なるほドリ 地方議会(ちほうぎかい)のあり方が変わるかもって聞いたよ。

 記者 地方議会は規模(きぼ)を問わず全国一律(ぜんこくいちりつ)の制度で運営されていますが、小さな自治体(じちたい)では議員のなり手不足が悩みの種です。そこで総務省(そうむしょう)の「町村議会のあり方に関する研究会」が今年3月に対策を公表する予定です。従来の制度に加え、新たに2パターンの議会を作ることを提案しようとしています。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文898文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]