メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

北朝鮮軍事パレード 慶応大准教授・礒崎敦仁氏、元自衛艦隊司令官・香田洋二氏の話

 北朝鮮が8日に実施した軍事パレードから見えてきたものは何か。北朝鮮情勢に詳しい専門家2人に聞いた。

「国内行事」粛々と実施 礒崎敦仁氏 慶応大准教授(北朝鮮政治)

 軍事パレードは、経済立て直しのため外交攻勢をかける一方、核・ミサイル開発を誇示する北朝鮮の姿勢を鮮明にした。ただ、パレードは国内行事であり、たまたま平昌冬季五輪開会式の前日になっただけだ。金正恩朝鮮労働党委員長は米国から攻撃を受けないという自信があるからこそ演説をしたとみられるが、その内容は米国を強く刺激するものではなかった。

 金委員長は国内を掌握し、核抑止力を持ったことで自信をつけ、昨年から大がかりな歴史の見直しを始めた。…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1152文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  4. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  5. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです