メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日仏外交の同調=西川恵

 <kin-gon>

 日本の政治が英国やイタリア、ドイツと比べられることはあってもフランスとはまれだ。しかしこのところ、日仏の外交が国際政治舞台で興味深い同調を示している。安倍晋三首相とマクロン仏大統領が多国間主義、開放体制、法治主義の擁護者として存在感を強めているからだ。

 先月下旬、日本を含む環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は、協定の署名式を3月にチリで行うことで合意した。1年前、トランプ米大統領が就任早々にTPP脱退を表明した後、日本は残る10カ国を糾合してここまでこぎつけた。多国間主義、開放体制というリベラル国際秩序を守っていく上でその意義は大きい。

 フランスにとって日本のTPPにあたるものは、温暖化問題のパリ協定(2015年末合意)だ。トランプ大…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1014文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]