メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

自動車産業の未来

八郷隆弘氏

 自動車業界が大きな変革期を迎えている。各国の環境規制強化を背景に電気自動車(EV)の開発など「電動化」の動きが加速し、IT大手などが相次いで参入。自動運転の開発でも各社がしのぎを削る。ライドシェア(相乗り)の普及で車の保有台数が大幅に減るとの見方もある中、自動車産業の未来はどこに向かうのか。

「環境対応」「交通事故ゼロ」へ 八郷隆弘・ホンダ社長

 クルマが人々の身近なモビリティー(移動手段)となって100年あまりが経過し、自動車業界は大転換期を迎えている。電動化や自動化、インターネットとつながる「コネクテッド化」などの技術開発が進み、お客様の好みも変わっていく中で、新しい世界に向かってまさに船出したところだ。

 振り返れば、クルマは時代に応じて変化してきた。フォードの大量生産方式に始まり、機械化や電子化などが…

この記事は有料記事です。

残り4224文字(全文4581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです