メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

自動車産業の未来

八郷隆弘氏

 自動車業界が大きな変革期を迎えている。各国の環境規制強化を背景に電気自動車(EV)の開発など「電動化」の動きが加速し、IT大手などが相次いで参入。自動運転の開発でも各社がしのぎを削る。ライドシェア(相乗り)の普及で車の保有台数が大幅に減るとの見方もある中、自動車産業の未来はどこに向かうのか。

「環境対応」「交通事故ゼロ」へ 八郷隆弘・ホンダ社長

 クルマが人々の身近なモビリティー(移動手段)となって100年あまりが経過し、自動車業界は大転換期を迎えている。電動化や自動化、インターネットとつながる「コネクテッド化」などの技術開発が進み、お客様の好みも変わっていく中で、新しい世界に向かってまさに船出したところだ。

 振り返れば、クルマは時代に応じて変化してきた。フォードの大量生産方式に始まり、機械化や電子化などが…

この記事は有料記事です。

残り4224文字(全文4581文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]