メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

自動車産業の未来

八郷隆弘氏

 自動車業界が大きな変革期を迎えている。各国の環境規制強化を背景に電気自動車(EV)の開発など「電動化」の動きが加速し、IT大手などが相次いで参入。自動運転の開発でも各社がしのぎを削る。ライドシェア(相乗り)の普及で車の保有台数が大幅に減るとの見方もある中、自動車産業の未来はどこに向かうのか。

「環境対応」「交通事故ゼロ」へ 八郷隆弘・ホンダ社長

 クルマが人々の身近なモビリティー(移動手段)となって100年あまりが経過し、自動車業界は大転換期を迎えている。電動化や自動化、インターネットとつながる「コネクテッド化」などの技術開発が進み、お客様の好みも変わっていく中で、新しい世界に向かってまさに船出したところだ。

 振り返れば、クルマは時代に応じて変化してきた。フォードの大量生産方式に始まり、機械化や電子化などが…

この記事は有料記事です。

残り4224文字(全文4581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです