メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ベネズエラ原油輸入制限か 国務長官、追加制裁を示唆

訪問先のジャマイカの首都キングストンで記者会見するティラーソン国務長官=キングストンで7日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】米国が、独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ政権に対し、新たに基幹産業である石油分野の制裁を検討している。中南米歴訪中のティラーソン国務長官は7日、「近く制裁するかどうか決定する」と述べた。欧州連合(EU)も制裁を強化しており、マドゥロ政権の国際的な孤立が深まっている。

 ロイター通信によると、ティラーソン氏は米国、メキシコ、カナダの3カ国が、ベネズエラから安価な石油を輸入してきたカリブ海諸国を支援することで合意したと明らかにした。ジャマイカへの機中で7日、記者団に述べた。こうした国々に対してベネズエラからの石油の輸入制限などを求めたとみられる。

 米国もベネズエラ産原油を輸入しており、トランプ政権はこれまで、自国経済への影響も考慮し石油を対象に…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文860文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]