メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

メルケル氏求心力低下 大連立巡り手法に批判

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相の国政会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党・社会民主党が政権協定で合意したことを巡り、主要閣僚ポストで社民党に大幅な譲歩をしたメルケル氏の姿勢に批判が強まっている。党首を務めるCDUからもメルケル氏を公然と批判する声が出ており、首相の求心力低下が表面化している。

 政権協定交渉で、メルケル氏は社民党が財務相と外相、労働社会相の主要3ポストを占めることで同意した。…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文700文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]