メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

メルケル氏求心力低下 大連立巡り手法に批判

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相の国政会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党・社会民主党が政権協定で合意したことを巡り、主要閣僚ポストで社民党に大幅な譲歩をしたメルケル氏の姿勢に批判が強まっている。党首を務めるCDUからもメルケル氏を公然と批判する声が出ており、首相の求心力低下が表面化している。

 政権協定交渉で、メルケル氏は社民党が財務相と外相、労働社会相の主要3ポストを占めることで同意した。…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです