メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

仮想通貨に熱視線 不正流出、それでも人気! 決済導入のウナギ店、少額投資の学生

仮想通貨で決済する「川昌」の飯塚裕志料理長。昨年12月の決済導入後、他県からの来客が増えた=埼玉県松伏町のうなぎ店「川昌」で2018年1月31日、大村健一撮影

 <access>

決済導入のウナギ店「各地から客続々」

少額投資の学生「新技術にあこがれる」

 仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題が起きた今でも、ネット上で自由にお金をやり取りする新技術への期待は強い。仮想通貨の決済で客を呼び込む店や少額投資を続ける学生に、その魅力を聞いた。【大村健一】

 <「リップル」(仮想通貨の一種)での初の決済はうなぎ!。おいしかった>

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1333文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです