メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

仮想通貨に熱視線 不正流出、それでも人気! 決済導入のウナギ店、少額投資の学生

仮想通貨で決済する「川昌」の飯塚裕志料理長。昨年12月の決済導入後、他県からの来客が増えた=埼玉県松伏町のうなぎ店「川昌」で2018年1月31日、大村健一撮影

 <access>

決済導入のウナギ店「各地から客続々」

少額投資の学生「新技術にあこがれる」

 仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題が起きた今でも、ネット上で自由にお金をやり取りする新技術への期待は強い。仮想通貨の決済で客を呼び込む店や少額投資を続ける学生に、その魅力を聞いた。【大村健一】

 <「リップル」(仮想通貨の一種)での初の決済はうなぎ!。おいしかった>

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1333文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]