メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

仮想通貨に熱視線 不正流出、それでも人気! 決済導入のウナギ店、少額投資の学生

仮想通貨で決済する「川昌」の飯塚裕志料理長。昨年12月の決済導入後、他県からの来客が増えた=埼玉県松伏町のうなぎ店「川昌」で2018年1月31日、大村健一撮影

 <access>

決済導入のウナギ店「各地から客続々」

少額投資の学生「新技術にあこがれる」

 仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題が起きた今でも、ネット上で自由にお金をやり取りする新技術への期待は強い。仮想通貨の決済で客を呼び込む店や少額投資を続ける学生に、その魅力を聞いた。【大村健一】

 <「リップル」(仮想通貨の一種)での初の決済はうなぎ!。おいしかった>

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです