メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

火山の専門家、層厚くしよう 文科省が10年計画

火山研究者育成のため、2017年9月に草津白根山で行われたフィールド実習=文部科学省提供

 草津白根山の本白根山(2171メートル)が1月23日に噴火した時、いち早く気付いたのは気象庁ではなく、ふもとの群馬県草津町に観測拠点をもつ東京工業大の野上健治教授(地球化学)だった。このように、火山防災で大きな役割を果たすのが、大学教授ら火山専門家だ。しかしその数は全国でわずか80人と言われ、層の薄さが指摘されてきた。この課題解消のため、文部科学省は10年計画「次世代火山研究・人材育成総合プロジェクト」に取り組み、人材の倍増を目指している。

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです