メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

LG杯朝鮮日報棋王戦 文裕敗れる 初制覇ならず 「攻め急いだかも」

 囲碁の国際棋戦「第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負」(朝鮮日報社主催、韓国棋院主管、毎日新聞社特別後援、LG協賛)の第3局が8日午前9時から、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、午後3時、中国の謝爾豪五段(19)が本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に226手で白番中押し勝ちし、2勝1敗で初優勝した。文裕は第2局を逆転で制し、主要国際棋戦の初制覇に望みをつないだが、あと一歩…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]