メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

調査

残業60時間以上、健康リスク高くても幸福度は上昇

残業時間が月60時間を超えると、幸福度が上昇する=パーソル総合研究所・中原淳 長時間労働に関する実態調査

 人材サービスのパーソル総合研究所と中原淳東京大准教授(人材開発)が共同で行った残業実態調査で、残業時間が60時間を超えると健康リスクは高まるのに幸福度は上昇することが分かった。幸福度は残業時間が長くなると少しずつ下がるが、60時間を超えると跳ね上がる。会社への満足度や仕事への意欲も同様に60時間を超えると上がったという。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

 調査は昨年10月、社員10人以上の企業に勤める管理職1000人と従業員5000人の計6000人を対象にインターネットでアンケートを行った。8日に両者が共同で記者会見し、結果を発表した。

 幸福度は五つの質問を7段階で評価してもらい35ポイント満点で測った。幸福度が最も高かったのは、残業1~10時間未満(回答総数1046)で18.58ポイント、最低は残業45~60時間未満(同193)で16.98ポイント。残業60時間以上(同323)では17.54ポイントだった。会社への満足度や仕事への意欲も残業45~60時間未満で最も低かったが、60時間以上では一転上昇した。

 一方、幸福度や満足度は高いのに、就業継続意欲は低くなるという矛盾した結果も出た。残業60時間以上で「この会社にずっと勤めていたい」と回答したのは28.8%で、60時間未満の層よりも5ポイント低い。「働くこと自体をそろそろ辞めようと思う」という回答も18.6%に上った。

 健康リスクも高い。残業60時間未満で「食欲がない」と回答したのは7.4%で、残業20~60時間未満の2.3倍。「強いストレスを感じる」「重篤な病気・疾患がある」という回答も、残業時間が長くなるほど高くなった。

 中原准教授は「幸福度や満足度、意欲は高いのに、ストレスは高く、休みたい、眠りたいと感じている。意識や行動の不整合が起こっていて、正常な判断ができない状態なのではないか」と分析する。自覚症状がないまま、病気や休職につながるリスクがあるという。

 国会ではまもなく、働き方改革関連法案が審議入りする。残業の上限を「月100時間未満、年720時間」までと定める罰則付き規制のほか、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設や裁量労働制の対象拡大が盛り込まれる。調査を手がけた小林祐児研究員は「長時間働いても幸福度も満足度も高い人にとって、裁量労働制や高プロが天井知らずな働き方を促すことになるのではないか」と危惧する。

 中原准教授は「もう少し分析が必要だが、残業60時間以上の人はランナーズハイのような状況なのではないか。働くことを走ることに例えるなら、以前は中距離競走でよかったのに、人生100年時代の今は長距離競走。バランスのとれた走り方をしないと、ランナーズハイでは完走できない」と指摘している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  2. チリ 「121歳」の男性死亡
  3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]