メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ベネズエラ原油輸入制限か 国務長官、制裁を示唆

ベネズエラは世界有数の産油国として知られる

 【サンパウロ山本太一】米国が、独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ政権に対し、新たに基幹産業である石油分野の制裁を検討している。中南米歴訪中のティラーソン国務長官は7日、「近く制裁するかどうか決定する」と述べた。欧州連合(EU)も制裁を強化しており、マドゥロ政権の国際的な孤立が深まっている。

 ロイター通信によると、ティラーソン氏は米国、メキシコ、カナダの3カ国が、ベネズエラから安価な石油を輸入してきたカリブ海諸国を支援することで合意したと明らかにした。ジャマイカへの機中で7日、記者団に述べた。こうした国々に対してベネズエラからの石油の輸入制限などを求めたとみられる。

 米国もベネズエラ産原油を輸入しており、トランプ政権はこれまで、自国経済への影響も考慮し石油を対象に…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです