メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名大

益川氏退任、後任に小林氏 素粒子宇宙機構トップ

 名古屋大は8日、2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さん(78)が、素粒子や宇宙分野を研究する「素粒子宇宙起源研究機構」トップの機構長を任期満了となる3月末に退任し、益川さんとノーベル物理学賞を共同受賞した小林誠さん(73)を後任に選出したと発表した。

 同機構は10年、素粒子・宇宙分野で「第…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文273文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです