メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再発防止委

全力士ら聞き取りへ 暴力の実態把握

 大相撲の元横綱・日馬富士の傷害事件を受け、日本相撲協会が設けた再発防止検討委員会の初会合が8日、東京・両国国技館で行われた。但木敬一委員長(元検事総長)が暴力行為の実態把握のため、力士や行司ら約900人の全協会員に対して聞き取り調査を実施すると明らかにした。10月をめどに再発防止策などの最終報告をまとめる。

     初会合後の記者会見で但木委員長は「日馬富士の事件が起きた背景と相撲風土の関わりを考察したい」と語った。すでに協会を離れた元力士らに対しては、過去の事案の申告を受け付けるために「目安箱」を設ける。

     全日本柔道連盟の専務理事として柔道界の暴力根絶に取り組んだ近石康宏委員(元大阪府警本部長)は「暴力がなくても選手が強くなるというのが柔道界での経験だ。暴力での指導というのは強さと結びつかない」と語った。

     同委員会は協会の第三者機関として1日に発足した。【飯山太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    2. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
    4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    5. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]