メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

タレントの段文凝さん「どんなに大変でも受験を思えば全然平気」

 「日中の懸け橋」になりたいと多方面で活躍するタレントの段文凝さん。中国の大学を卒業しましたが、中国は日本以上の「受験地獄」。段さんはどのような受験生だったのでしょうか。【聞き手・浜名晋一】

人生で一番太っていた

 中国の大学入試(全国普通高等学校招生入学考試)は6月に行われます。日本と違うのは、センター試験と2次試験のように分かれているのではなく、1回しか行われないことです。一発勝負なので、みんな結構、プレッシャーを感じています。試験科目は語文(国語)、数学、英語、物理、化学、生物、政治、歴史、地理です。私は理系志望でした。生物の科目が好きで、将来、動物の研究者になりたかったのですが、途中からアナウンサー志望に変わりました。

 自分にもプレッシャーはあったはずですが、毎日、やるべき勉強が多すぎて、プレッシャーを感じるひまもあ…

この記事は有料記事です。

残り2513文字(全文2878文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです