メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

最も希少なホワイトダイヤが競売に、過去最高価格付ける見通し

 2月8日、競売会社サザビーズは、今月ロンドンで行う102カラット超のフローレスダイヤの競売について、極めて希少なことから世界最高記録となる落札価格を予想していると明らかにした(2018年 ロイター/Hannah McKay)

 [ロンドン 8日 ロイター] - 競売会社サザビーズは、今月ロンドンで行う102カラット超のフローレスダイヤの競売について、極めて希少なことから世界最高記録となる落札価格を予想していると明らかにした。

     ダイヤは、大きなイチゴほどの丸型ホワイトダイヤモンド。現時点での最高落札価格記録は、2013年にやはりサザビーズが香港で行った競売に出品された118カラットのダイヤ。

     サザビーズは、これより小さいものの、希少価値と品質の高さからこの記録を凌駕するとみている。

     サザビーズ・ダイヤモンドのパティ・ウォン会長はロイターに「(香港で競売された)石はカラット当たり26万ドルの価格が付き、カラーレスダイヤとしては世界最高を記録した。今回の石は、ラウンド・ブリリアント・カットで、提示価格は前回を上回るだろう」と述べた。ただ、競売開始価格は明らかにしなかった。

     サザビーズによるとこのダイヤは、100カラット以上のものとしては唯一、米国宝石学会(GIA)が全項目で最高の等級を付けた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア 羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答
    2. 兵庫の女性不明 外国籍男を監禁容疑で逮捕
    3. 文化複合施設 秋に着工 駅前最後の大型公共事業 /兵庫
    4. WEB CARTOP オートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか
    5. ウィキ 「エンゲル係数」ページ凍結で編集不能 その訳は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]