メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

欧州委員会、夏時間廃止の是非を検討へ

2月8日、欧州議会はフィンランドの提案を受け、欧州委員会に夏時間廃止の是非を検討するよう求める動議を採択した。写真は1999年6月撮影(2018年 ロイター/Yves Herman)

 [ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州議会は8日、フィンランドの提案を受け、欧州委員会に夏時間廃止の是非を検討するよう求める動議を採択した。

     欧州連合(EU)の法律では、1990年代から、3月最後の日曜日に時計を1時間進め、10月最後の日曜日に元に戻す夏時間を採用するよう定めている。

     EUで最も北方に位置するフィンランドは1月、7万人を超える嘆願署名が集まったとして、夏時間廃止を提案した。

     夏時間反対派は、特に子供や老人で、長期的な健康問題を生むとしている。また、時間の変更によって睡眠が阻害され、仕事の生産性に影響するとの調査もある。

     一方賛成派は、冬季に朝の日光が増え、夏季には午後の日が伸びるため、交通事故が減りエネルギー節約につながると主張している。

     欧州議会でも様々な意見が飛び交った。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
    2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
    3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
    4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
    5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです