メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ロンドン動物園で恒例の「点呼」、火災の影響で実施遅れる

2月7日、英国のロンドン動物園で、毎年恒例の飼育動物の頭数確認が行われた。昨年12月の火災の影響で実施が遅れていた(2018年 ロイター/Tom Jacobs)

 [ロンドン 7日 ロイター] - 英国のロンドン動物園で7日、毎年恒例の飼育動物の頭数確認が行われた。昨年12月の火災の影響で、実施が遅れていた。

     ハヌマンラングール、フンボルトペンギン、オオアリクイなど、2017年に誕生した動物たちにとっては、初めての「点呼」となる。

     12月の火災ではツチブタやミーアキャット4匹が死んだ。動物園の担当者は「火災の原因はまだ分からない」としている。

     この担当者は「きょうは素晴らしい経験だった。全チームが一丸となって、これから到来する季節に専念できる」と語った。

     *見出しを修正しました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
    3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
    4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
    5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです