メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/79 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(35)

 タケシは地球から金星までの距離を知っていた。もっとも近いときで約四千万キロ。金星に当たった太陽の光が地球に到着するまでに早くとも二分はかかる。

 けれど、こうして街の空き地に腰をおろして見あげる宵の明星は物理的な条件を超え、格別な光を放ち、胸に迫ってくる。二光分の距離や太陽の反射光といった問題ではなかった。きっと誰といっしょにあの輝きを見るかが大切なのだ。

 夕焼けが終わり、青ガラスのように澄んだ西空に光を一粒、金平糖のように張りつけ、金星は輝いていた。光…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです