メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/79 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(35)

 タケシは地球から金星までの距離を知っていた。もっとも近いときで約四千万キロ。金星に当たった太陽の光が地球に到着するまでに早くとも二分はかかる。

 けれど、こうして街の空き地に腰をおろして見あげる宵の明星は物理的な条件を超え、格別な光を放ち、胸に迫ってくる。二光分の距離や太陽の反射光といった問題ではなかった。きっと誰といっしょにあの輝きを見るかが大切なのだ。

 夕焼けが終わり、青ガラスのように澄んだ西空に光を一粒、金平糖のように張りつけ、金星は輝いていた。光…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです