メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の7

稲葉、残留決める

 逆転して後手が優勢になっているものの、まだ楽観できない局面だ。図から[先]3二角には[後]3一金と受ける。先手は飛車を取っても有効な攻めが無く、じっと[先]5四角成(参考図)には[後]1七香と放り込む強手もある。以下[先]同香[後]1六歩[先]1五香[後]2三玉[先]1一香成[後]同飛と進めば手順に飛車が攻めに参加する。

 本譜の[先]3一角には[後]4一金と受けて先手の攻めが続かない。[先]4九金打で受けに回った久保は…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです