メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から

自分が楽しいと思う職業に=前川さなえ /愛知

 息子いっくんの図工作品が市の小中学校美術展にクラス代表で選ばれた。やったー! すごいねー! いっくんが選出されたのはこれで2年ぶり3回目。娘はるちゃんは「まだ1回も選ばれたことなーい」と残念がっていたけど、大丈夫大丈夫、まだ2年生だから小学校だけであと4年もチャンスあるから。

 早速家族で文化会館まで展示を見に行った。ずらりと並ぶ子どもたちの作品。いっくんの作品はもちろん、どれものびのびと制作されているし、発想力にも感心してしまう。特に興味深かったのは、多くの学校で6年生の課題になっていた「12年後のわたし」という立体作品。針金芯と紙粘土を使って将来の自分の姿を作るのだけど、おもしろいのはその職業のバリエーションが私が子どもだった時より格段に幅広くなっているのだ。

 プロ野球選手やサッカー選手、看護師さんや学校の先生は今でも人気なようだけど、そのほかに、ゲームクリ…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文906文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]