メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾干拓事業

営農者2社、開門反対派離脱 訴え取り下げ /長崎

 国営諫早湾干拓事業を巡り、国などに野鳥による食害などの損害賠償を求めて提訴した営農者の農業生産法人2社が9日、諫干の開門差し止めの訴えを取り下げる届け出書を福岡高裁に送った。一致して開門に反対してきた営農者側から離脱者が出たことで開門の是非を巡る論議にも影響しそうだ。2社は今後、開門を求める漁業者…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです